ワーホリ

【ワーホリ】ニュージーランドワーキングホリデーを1ヶ月で切り上げた理由

どもども、マッツンです!

NZから帰国しました!

いやー早いようで僕にはすんごい、ほんとすんごい長かった1ヶ月間でした!!

Twitterをみてくれてるフォロワーさんはご存知かと思いますが、ニュージーランドのワーキングホリデーを1ヶ月でやめました!

今回は、なぜ僕がNZワーホリを1ヶ月で切り上げたのかをお伝えしていきます!

※超超超個人的な偏見もめちゃめちゃ混じってるので、見たくない人はみないでください!
※結論だけ見たい人は一番最後の「まとめ」をみてください!かなり長いです!

ニュージーランドワーキングホリデーを1ヶ月で切り上げた理由は「これじゃない感がすごかった」

理由は、ただただ

 

面白くなかった、これじゃない感がすごかった

 

からです!

 

そもそもなんでニュージーランドを選んだのか、理由は「バンフみたいな街があるから」

そもそもなんですが、なんで僕がニュージーランドを選んだのかってのは以前の記事に書いてありますが再度ここでも書いておきます!

僕がニュージーランドを選んだ理由は「バンフみたいな街でワーホリができる」と聞いたからです!

※バンフってのはカナダの1つの小さな小さな街です、詳細は当ブログ内のワーホリカテゴリーから過去記事を参照ください

 

バンフに惚れ込んでた僕は、もう一度バンフでワーホリがしたいという思いがありました。

でもニュージーランドかオーストラリアに行ってみたいってのも思ってました。

そんな時に友人がNZにあるクイーンズタウンという街にワーホリで行って、かなりバンフみたいな街ですよーと聞いたので決めました。

 

仕事を始める為に「2週間以上かかった」「仕事がなかなか決まらなかった」

そんなこんなでクイーンズタウンという街でワーホリを開始したのがクリスマス前の12/24!

街は観光客で賑わっているけどお店はどこも閉まっている。

渡航したら最初に事務手続きとかしないといけないのですが、銀行が閉まってるのでそれも時間がかかったりで完全に渡航時期をまちがえたなーってのが最初の感想ですw

 

で、紹介で皿洗いのバイトをして食いつないで、銀行も開設し仕事を探そう!ってことで動き出したのが到着から2週間後。

最初からハウスキーパーの仕事を狙って応募したんですがなかなか返事が来ない。。。

 

求人はあるのに返事がこないってなると何かが間違っている。

下記の点に注意して再度応募しました!

NZのクイーンズタウンでハウスキーパーの仕事をゲットしたいなら「カバーレター」は絶対つけましょう!

カバーレターというのは「私を雇うとこんなメリットがあります、という自己紹介文」です!

これが無いとそもそも返事がきません!

あと、パートタイムで募集かけてるホテルがほとんどなので、フルタイムで探してます!というアピールもやめましょう!必ずパートタイムにしましょう!

とまぁ色々と試行錯誤した結果、5社から返事があり、内1社でハウスキーパーの仕事をはじめる事ができました!!

 

やっと手に入れたハウスキーパーの仕事を「1日で辞めた理由」

バンフで働いてたホテルが初めてのハウスキーパー経験で、それを基準に考えてました。

バンフで僕が働いてたハウスキーパーの仕事環境は以下の通り

  • 1人で自分のセクションの部屋を掃除する
  • スマホはいじってもいい、音楽かけてもいい
  • スタッフ用アコモデーションがある
  • スタッフ用ミールがある(昼、晩、ケーキやジュース、フルーツ食べ放題)
  • 日本人が多い
  • 和気あいあいとしててストレスがなかった

こんな感じの、THEホワイト職場でした。

特に仕事で怒られた事もないし、なんなら「お前早いじゃん」と褒められてたのでめっちゃ働きやすかったんですよね。

ハウキーが辛い仕事って聞くけど、そんな辛くないじゃん(´∀`)と。

 

ただ、クイーンズタウンのハウスキーパーの仕事はどのホテルも「2人1組」で仕事をします。

僕がクイーンズタウンで働いたホテルは、世界的な大手グループの1ホテル。

しかしホテルの内装が結構古く、高級ホテルとは名ばかりのホテル。

働いてるハウスキーパーは大半がタイ人で、あとはブラジル系、数人日本人という国籍比率。

 

タイ人は仕事に対してかなりきつく、そして人によってやり方が違う。それはいいんですが、最初に聞いたやり方でやってたら「そんな事教えてない、こうやれ」ってのが1日で何回もあって、しかもそれ1人のタイ人。

そのタイ人はハウスキーパー部署でかなり仕事ができる人とのことなんですが

え、こいつで上位なの?ろくに教えもできないのに?

って一気に冷めちゃいました(´-`)

 

なかなか言語化するのが難しいんですが、要は「合わなかった」って感じです!

スタッフミール(社食)も昼だけしかでない、チップももらえない、常に2人1組で仕事するからのびのび仕事ができない。

とハウスキーパーの旨味がまったくないホテルだったので辞めました!

 

次にオファーをもらってたホテルも、タイ人が大半で2人1組でチップもない、って事で断ったり、その次もその次もどこも同じで

 

観光地のクイーンズタウンでこれなら、ニュージーランドどこのホテルもそうなんちゃうか、ハウキーで働く意味ないやん

 

って事で、ハウスキーパーの仕事を断念しました!

もちろんいいホテルもあるとは聞いてます、聞いてますがポジションに空きが無いためそこで働けず。。

いつ開くかわからない連絡をまつほど、僕の財布はまってはくれません。

もし働けてたらもっと良い印象で終わってたんだろうなと思うと少し残念です(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭)))

 

チップ文化のないニュージーランドで飲食店で働く選択肢ももちろんなく、じゃあやる事ないねって事で帰国することにしました。

 

他にも理由はあります。

 

オーストラリアワーホリに向けて貯金をするなら、間違いなく日本の方が効率的だから

オーストラリアにワーホリする為に必要なものはいくつかありますが、その1つに「残高証明書」があります。

だいたい$5,000程度必要なんですよ。

レート的に考えて、NZで3000ドル稼ぐより日本で30万円稼いだ方が良いのは明白ですよね。

あとパスポートの有効期限もあと2年を切っていたので、パスポートの切り替えのための戸籍謄本の取り寄せなど、色々なものが日本にいた方が都合がいいってのもあります!

 

外国人と働くのがしんどくなった

最後に、深くは書かないですが、やっぱ外国人と一緒に働くのがすごくストレスになっているのに気づいたのも個人的には大きいです(´-`)

言語がどうとかいうことより、気が回らない、こうした方が効率がいいのにそれをしない、その割に彼らは常にマイペースで、端的にいえば自己中な外国人が本当に多いってのも、ワーホリに行けばわかることだと思います!

せやから1人でできるハウキーの仕事がよかったんよ、でもね…

 

花粉症、聞いてないレベルで「危ない」

NZについて初日から花粉症になりました!

もともと日本でも花粉症なんですが、日本だと「アレグラ」という嵐の大野くんがCMしてる花粉症の薬飲んでれば問題なかったんですよ。

でもね、NZの花粉症はレベルがバカでした。。。

現地でアレグラの3倍の成分が入ってる「テルファスト」という薬を飲んでも効かないんですよwやばくないですか?ww

もう少し強い「ジルテック」という薬に変えても、たまに効かなかったりするので、本当にNZの花粉症は危なかったですw

毎日大量のティッシュが必要だったので、一番辛かったです、日本の比じゃないです(^_^;)

 

 

とまぁ、そんないろんな理由を総合的にまとめたのが最初にかいた

 

おもしろくなかった

 

ってことになります!

 

それでもオーストラリアワーホリに行きたい理由は「経験とお金稼ぎとブログ」

ニュージーランドで感じたこと、理解したこと、体験したことをまとめるとオーストラリアに行きたがっている僕を不思議に思う人もいると思います!

 

それでもオーストラリアへ行きたい理由は

  • 3カ国ワーホリ経験のため
  • お金が稼げる
  • ブログのため

の3つになります!

 

3カ国ワーホリ経験のため

これは今後僕がやりたいことに関わってくることなのですが、カナダ、ニュージーランド、そしてオーストラリア。

ワーキングホリデーへ行きたい人の中で渡航先をどこにするか迷っている人はかなり多いと思います!

しかもそれはこの3カ国+イギリスの人が大半であること。

 

僕もニュージーランドとオーストラリアはほとんど一緒だと思っているんですが、それでもやっぱり行ってみないとわからない、体験して初めて「理解できる」ってのもワーホリの魅力の1つですよね!

なのでワーホリ渡航先No. 1のオーストラリアは行っとかないといけないんじゃないかという、よくわからない理由ですw

 

お金が稼げる

渡航先No. 1の理由の1つですよね!

オーストラリアでワーホリすればお金がめっちゃ稼げる!!!

って認識の人も多いんじゃないでしょうか。

 

実際に僕の友達でオーストラリアワーホリ経験者は口を揃えていいます

「オーストラリアは金が稼げた」

と!

 

詳しくはまた記事にしますが、時給23ドルとかなんですってね、オーストラリア。しかも若い人なら3年働けるので、日本でバイトするより効率的なのは明らかですよね(´∀`)

 

ブログのため

最後に当ブログ「きのみる。」のためでもあります!

このブログはワーホリ用に作ったのですが、最近のアクセス数はワーホリ記事よりも「レビュー記事」の方が多いので、なんとかオーストラリア関連で集客が見込めないかという淡い期待を込めてます(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭)))

 

でもオーストラリアワーホリに行くかは未定!

ここまでつらつらと書いててなんですが、オーストラリアワーホリは行くかわかんないです!w

日本帰ってきて感じたのが、やっぱ日本が好きだなって事です!

ご飯うまいのに安いし、都内のシェアハウスに住んでるんですが快適すぎるのに安いし、仕事もUber Eatsやってれば普通に貯金できるし、今んとこストレスないんですよねw

 

日本で会社ってか起業っていうんですかね?やりたいし、歯列矯正もしたいし、上記にも書きましたがお金稼ぐならレート的に日本円のほうが稼げるので、わざわざオーストラリアへ行く理由もないなーって感じですね!

30歳こえてもし行きたくなっても、学生ビザなら週20時間のパートタイムで働けるし、わざわざワーホリビザにこだわる必要もないしってな感じです!

留学行くなら、働けないけどカナダかアメリカ行きたいよねー、ってますますオーストラリアの選択肢がなくなっていきますw

 

これから半年間はお金貯めるんですが、めちゃめちゃ行きたい!ってほどのモチベーションは今ないので、まぁ行けたらいいかなーくらいにしか考えてません!

日本でやりたいことが多すぎて、オーストラリアはそっちのけになる可能性もあるので、それもまた「気の向くままに生きてみる。」って感じで!

 

長くなりましたが、そんな感じで生きてますので、こいつおもろいやんけって思ったらツイッターで声かけていただけると喜びますので、よろしくお願いします( ̄∀ ̄)

 

まとめ!おもんなかった

めっちゃ書いたので最後にもう一度今回の結論をまとめます!

僕がNZワーホリを1ヶ月で切り上げた理由
  • ニュージーランドに魅力を感じなかった
  • スローライフ、別に興味なかった
  • クイーンズタウン、綺麗だけどそれだけの街、物価高すぎムリ
  • ハウスキーパーの旨味がないホテルがほとんど
  • チップがない国で働く意味が見出せなかった
  • お金稼ぐなら日本の方がレート的に絶対いいと理解した
  • 外国人と働く事に疲れた
  • 花粉症つらすぎた

 

です!

花粉症まじで日本の比じゃないくらいハンパないんで、花粉症の人は覚悟して行ってくださいねー!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

(๑˃̵ᴗ˂̵)<でわー!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です