つくづく僕は 日本の企業では 生きれないんだなって 思った話 (1)