ワーホリ

カナダのホテルに泊まった時、チップは必要?現役ハウスキーパーがチップについて語る

どんな事でも、気持ちが大切だよね〜。

 

どもども、マッツンです!

 

今回はチップについてです!

 

カナダでホテルに泊まった時に枕元に置く「チップ」。

ピローチップと言われてますが、これを置くか置かないかで賛否両論あり、どっちが正解か分からない!なんてこの前友人に言われたので、それについて書いて行こうと思います!!

現役ハウスキーパーが考える「ピローチップ」

海外のホテルに宿泊した際に枕元にチップを置く事が常識とされていますね!

どんな旅行雑誌(地球の歩き方など)にも掲載されています!

 

しかし、実際には枕元にもどこにもチップを置いて行かないお客さんの方が今の時期多いのはご存知でしょうか?

まだ僕も働き出して2ヶ月目ですが、部屋の中に「チップ」として置いてくれているお客さんは少ないです!

10部屋あったら1部屋有るか無いか、そんなレベルで。

 

ホテルの先輩に聞くと、僕が働いているバンフでは、季節柄もあり、夏の観光シーズンはアメリカ人や日本人が多く利用するため、チップは当然のようにあるのだとか。

しかし今の時期(冬シーズン)はチップ文化の無い国の人が多く、ピローチップが置かれている事が少ない、というのが現状です!

 

基本的にチップは「サービスに対して払われる物」で、レストランなんかでは支払うのが当たり前になっていますね!

しかしホテルの部屋ではどうでしょうか??

これは各国でチップに対しての考え方も違い、なにが正解かなんて誰も分からない事ではあります。

 

ただ、僕はこう考えます。

 

チップはあった方がありがたいし、あった方がサービスしたくなるのはどの業種でも同じ事

上にも書きましたが、チップは「サービスに対して払うもの」です。

ハウスキーパーの仕事はお客さんの部屋を綺麗にすること。

気持ちよく過ごしてもらう為に綺麗にします!

 

日本だと会計の中にサービス料が含まれているものと考えますが、カナダでは違います!

 

基本的なサービスは変わりません。

チップを置かなかったからと言って、部屋を掃除しないということはあり得ません。掃除は僕らハウスキーパーの仕事だから。

 

しかし、チップの有無によってサービスの「差」はあります!!!

 

少し考えてみればわかりますが、チップの無い部屋、有る部屋を掃除してどちらも同じクオリティで最高のサービスを提供するでしょうか??

 

例えば!

衣類や食べ物が散乱しているすごく乱れた部屋に入り、チップが置かれていなければ、必要最低限の決められた掃除をします。

同じく、衣類や食べ物が散乱しているすごく乱れた部屋に入り、チップが置かれていれば「このお客さんは我々ハウスキーパーの事を考えてくれている、衣類も畳み隅々まで掃除をしてあげよう!」と思うのは当然。

 

どんな業種でもこれは同じ事ではないでしょうか?

レストラン然り、ドライバー然り、接客然り。

 

 

これはあくまで僕個人の意見ですので、国や人によって考え方は違います。

何が正解かなんてありません。

しかし、心意気、気持ちは万国万人共通ですよね!

 

置いた方がいい?置かなくてもいい?結論:ピローチップは「あなたの気持ち」

ということで、どっちでも良いと思います!

置いても置かなくても!

ただ、置いてくれたお客さんの方を優先して良いサービスを提供したくなる!ってだけです!

 

そんなに綺麗にしてくれなくて結構ですわよ」って人は置かなくてもいいと思います!最低限の掃除しかしませんけどね!

 

で、ここからは置いてくれる人のお話!

置いてくれる人にお伝えしたい事が何点かあります!!

 

チップを置くなら毎日置いてくれた方がありがたい理由

チップを置いてくれる人には良いサービスをしたい!

ってのはわかって貰えたかと思います!

ここからは置いてくれる時に注意して頂きたい事です!!

 

 

まずは、チップを置いてくれる時は「ハウスキーパーのチップだとわかるようにして頂きたい」という事。

ホテルによって違うのですが、毎回同じ部屋を同じハウスキーパーが掃除するとは限らない、という事です!

 

 

毎回同じ部屋を掃除する人が決まってればいいんですが、休みの日や担当セクションが決まっていない事があるので、毎回同じハウスキーパーに渡したい!という方は直接手渡すか、置き手紙も添えて有ると、違うハウスキーパーからその人へチップが渡ります!

 

 

連泊して最後にまとめて置かれる場合、掃除してくれたハウスキーパー以外のハウスキーパーやベルボーイがコソッと取っていく場合があるので、できればサービスしたハウスキーパーへ渡して上げてください!!

 

チップを置くなら分かりやすい場所へ置いて欲しい理由

たまにお客さんでいらっしゃるんですが、チップとして置いているのか、ただの置き忘れなのか判別がつかない場所に置いていく人がいます!

チェックアウトの部屋なら迷わずいただくのですが、連泊の部屋だとちょっとマズいです!

なので、ハウスキーパーへのチップの置き場として分かりやすい場所へ置いていただきたい!

 

分かりやすい場所

  • 枕の下、または上
  • ベッドの真ん中
  • 「Thank you」などメッセージと一緒に
  • 封筒の中に入れて封筒にメッセージを

くらいが分かりやすい場所です!

床とか洗面台とかベッド横のテーブルの上は「これはどっちだろうか。。。」と悩みます!

 

チップの金額は「いくらでもいい」平均は2ドル

これは本当に気持ちの問題です!

良いサービスにはあなたが「このサービスにはこのくらい!!」って思った額を置いてくれれば大丈夫!

ですがあまりにもすくない25セント硬貨だけ、とかは貰っても「お、おう…」と思ってしまうので、色んなサイトにもあるように1ベッドにつき1泊1~2ドル程度でいいかと思います!

気前の良い人は20ドルとか置いてくれる方もいますよ!!(チラッチラッ)

 

チップは現金だけじゃなくても大丈夫!

よくいらっしゃるんですが、コーヒーやジュース、お酒など、未開封の飲み物や果物、シャンプーや香水、この前は20ドルと共にコーヒー粉を置いて行ってくれたご老人ご夫婦もいました!

 

そういった物も「チップ」として頂戴できるので、余ったものなどあればチップの代わりに置いて行くのも大丈夫です!!

 

 

 

ってな感じで!

ただつらつらと書いていきました!

ハウスキーパーとして働く人や、カナダのホテル(主にバンフ)に宿泊予定の人の参考になれば幸いです!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

でわー!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です