レビュー

【体験談】20年間花粉症のぼくがレーザー治療したら効果があった話

どもども、マッツンです!

街中に出れば絶対に聞こえてくる「くしゃみ」と「鼻をすする音」

はいきました、今年もきましたねこの季節が・・・

アレルギー性鼻炎、俗にいう「花粉症」患者のみなさんこんにちは!

小学校6年生ごろから花粉症、春秋はもちろんハウスダストもアウト、そんな重度の花粉症患者のぼくが、花粉症治療のひとつ「レーザー治療」を受けてきました!

今回は3月に実際うけてきた花粉症レーザー治療の体験談を書いていこうと思います!

結論としては、みんなやったらええねん

物心ついたときから花粉症

ちょっと盛りました、正確には小6ごろからです。

ぼくは結構なアレルギー体質で、約10年前に一度アレルゲン検査をしたんですが、大体のものにアレルギー反応がありました。

スギ、ヒノキ、ブタクサ、ハウスダスト・・・と、花粉症のひとならアレルギーに親を殺されたってくらいに見たくもない単語ですよね。

花粉症は地味ないやがらせ地獄

花粉症のかたは痛いほどわかると思いますが、花粉症って、地獄なんですよね。

  • 永遠に鼻から液体が出てくる
  • 永遠にムズムズする
  • 永遠に目が痒い
  • くしゃみし過ぎて肺活量上がる(いい事)
  • 鼻かみすぎて鼻の周りカサカサになるし鼻の中が切れる
  • にも関わらず鼻が詰まるので鼻をかんでもかんでも詰まって息ができないから口呼吸になる

地味な嫌がらせを何ヶ月も受けてる感じ、それが花粉症です。

ね、地獄でしょw

そんな地獄を毎年毎年、酷い人はアレルギー対策しないとほぼ毎日。そら耳鼻科も儲かりますわね。

花粉症患者の三種の神器

▲ベポタスチンはタリオンのジェネリックです

余談ですが、ぼくは毎年、花粉症になり始めはアレグラを、防げなくなってきたらタリオンODっていうくっそ眠くなる錠剤と、アレジオン点眼、アラミスト点鼻薬の三種の神器を揃えます。

毎年飲んでるので、錠剤だけじゃ効かない日があったりして。

そんな時はアラミストを使ったりしてますが、これも効かない時があるので、そうなったら耐えるしかないんですよね。

アレジオン点眼は結構効いてくれるので欠かせないアイテムのひとつです。

花粉症のレーザー治療(日帰り手術)の流れ

はやく人間になりたい!(ベム)じゃないや、こんな地獄から開放されたいと願ったぼくは、行き付けの耳鼻科の先生に相談し「レーザー治療」を受けることにしました。

正式名称は「レーザー下鼻甲介焼却術

説明を聞くと、鼻の中には3つの空洞?があって、花粉やアレルギー物質を吸い込んで反応するところは「下鼻甲介(かびこうかい)」という鼻の側壁から出ている大きな粘膜ひだで、その粘膜にアレルギー物質がひっついて過剰に反応を引き起こすらしい。

で、この下鼻甲介に局部麻酔をしてガスやレーザーをあてて焼く(焼却)って感じ。

術後は鼻の中が痛んで鼻水めっちゃ出たり、鼻血がでることもあるくらいで、特におおきな副作用はないみたいなので、じゃあお願いしますって即決しました。

治療当日

かかりつけの耳鼻科へ。

レーザー治療はこんな感じの流れで行われました。

花粉症日帰りレーザー治療の流れ

  1. 先生に呼ばれ診察室へ、簡単な説明
  2. 下鼻甲介に1回目の噴射型?の麻酔、5~10分放置
  3. 2回目も同じ
  4. 3回目は下鼻甲介に(多分)麻酔が染み込んだガーゼを詰めていき、放置
  5. 鼻に入れた詰め物をとってレーザー焼却に移る
  6. 鼻の中にレーザー突っ込んで、先生が合図をして助手の看護師?がレーザーの機械を操作、餅つきみたいな感じで「はい」「はい」「はい」の合図で焼却されてく感じ
  7. レーザー焼却自体はものの2分程度で終了
  8. 最後に上の画像のやつやって終わり。

来院から退院まで約1時間、麻酔の待機が長かったので、治療自体は数分ですがそれくらいの時間は見ておきましょう!

金額は大体9千円くらいです!1万円ちょっとはもっていきましょう!

麻酔のおかげで施術中は痛みなどなくあっという間に終わりました。

どっちかというと3回目の麻酔の詰め物で息できないので苦しいかも。

様子見で1週間後に来院予約してその日は帰宅しました。

術後の経過観察

術後は痛みが出ることもあるので、薬を4日分処方され飲みました。

そのおかげか、痛みは感じなかったですね!

ただ、やっぱり下鼻甲介(感覚でわかります)がムズムズしてチクチクするので、それに誘発されて1週間はくしゃみが出ます。

鼻水も出ますが、日を跨ぐごとにおさまってきます。最初はちょっと不快感があるかもですが。

花粉症レーザー治療をやってからひと月、花粉の症状はどうなったか

で、皆さんが一番気になってるであろう結果ですが、花粉大量飛散日にチャリで丸一日走って若干ムズムズするくらいで、薬が必要なレベルではなくなりました!

体感としては

あれ?気付いたらくしゃみも出ないし鼻水も出ないぞ?そういえば目の痒みもマシになってるし…なんで!?

ってくらい自然に、ほんと自然に改善されてました!

目の痒みに関しては先生も「お、よかったね。改善されない人もいるからラッキーかな」って言ってたのでたまたまかもしれませんが、ほんと花粉症のストレスはほぼ皆無になりましたね。

副作用?顔や体が痒くなった

とはいえ、なぜかおでこや体が痒くなった気がします!

副作用というか気のせいかも知れませんが、おでこは何故か以前にくらべて痒いです。

痒いっていっても掻き毟るほどではなく「なんか痒いなー(ポリポリ)」程度なので、そこまで酷くはありません。

結論:悩んでるならやるべき

はい、そんな感じなので、僕からお伝えできることは「迷ってるならやりましょう!」ってことくらいです。

約20年、なんで毎年薬のんであんなストレスと戦ってたんだろう、金とティッシュの無駄遣いやん、アホやろ。。。

って思えるくらいには花粉症から開放されましたw

でも、永続的に効果があるわけではないらしく、はやい人だと数ヶ月で効果が切れるみたいなので、花粉のオフシーズンになったら免疫舌下療法もやってみようと検討中です。

 

今回はこの辺で!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

(๑˃̵ᴗ˂̵)<でわー!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です